退職の意思を伝える際のポイント

退職届は辞める一カ月前には提出するのが基本ですが、看護師長や部長などの上司にはもっと早めに退職の意向を伝えておきましょう。今、多くの病院では看護師不足が問題となっています。病院としても1人でも辞めてほしくないものです。退職の意思を伝えたとしても「もう少し働いてくれ」や「後任が来るまで辞めないでくれ」などの理由で、退職がズルズルと先延ばしされる場合が多くみられます。転職の活動を行いだす時期(3か月前)くらいには看護師長には伝えるのが理想的です。個人的な問題が無い限り、まず、引き止められると思っていたほうが良いでしょう。「どうして転職したいのか」「何か不満があるのか」など理由を尋ねられます。その時にあいまいな返事をしていると退職時期を引き延ばされてしまうので、転職の動機についてしっかりと伝えられるようにしておきましょう。「スキルアップのため勉強したい」や「専門分野を極めたい」、「家族の転勤のため」などこのまま働きたいのですが、どうしてもダメなんです・・・的な言い方が退職まで気持ちよく働けるコツです。退職理由はしっかりはっきり伝えましょう。

Copyright© 看護師の転職ノウハウ All Rights Reserved.